NATUREINTERFACE.COM
ネイチャーインタフェイス株式会社 info@natureinterface.co.jp TEL:03-5222-3583
ネイチャーインタフェイス > この号 No.05 の目次 > P88-89 [English]

環境プランナー講座



guidance for

Environmental Planner

環境プランナー

誌上講座

今、企業に必要とされているのは、ビジネスと環境の両面に精通した人材です。

これからますますニーズの高まる「環境プランナー」の資格についてご紹介しましょう。

【環境プランナー活躍の場】

企業評価=金融関係

企業コンサルタント=中小企業関係

ISO14001指導=環境マネジメントシステム

環境報告書=ベリファイヤー

環境会計=ベリファイヤー

CO2排出権取り引き=ベリファイヤー

環境プランナーとは?

 いま、企業にとって、環境問題への対応は多岐にわたっている。環境関連法規制の遵守やISO14001認証取得にとどまらず、環境会計の導入、環境報告書による情報開示、リサイクルへの対応などもこなさねばならない。したがって、こういった環境対応をトータルにこなし、ビジネスと環境の両立を組織のために提言・実行できる人材が、特に中小企業で強く求められている。

 このようなニーズに応えて、環境プランナー資格制度が開設された。

「環境プランナー」とは、企業が環境問題に対処するために必要な各種の経営知識とそれに関連する実務全般を習得したこと、事業所向けに環境全般のアドバイスができる能力を持つことを示す資格である。

 また、この資格制度では、「環境プランナー」「環境プランナーER」「環境プランナーERO」という三つのグレードを用意している。審査員資格の「審査員補」「審査員」「主任審査員」という三資格をイメージするとわかりやすいだろう。

 これらの評価登録と研修期間の認定を行うのは、財団法人地球環境財団(福岡克也理事長)である。

 「環境プランナー」に申請するには、認定研修期間が環境プランナー養成のために行う基礎コースを修了し、このコースの最後に実施される修了試験に合格することが要件のひとつとなる。ここからさらに専門性を深めようとする場合、認定研修期間の専門コースを修了すれば「環境プランナーER」という次のステップの資格に進むことができる。「環境プランナーERO」は最上位の資格で、実績が重視される。

【認定研修機関】

・株式会社テクノファ(ISO14001/9000研修機関)

・NPO法人ウェアラブル環境情報ネット推進機構(東京大学母体)

・株式会社中央サスティナビリティ研究所(中央青山監査法人100%出資)

環境プランナーになるには

 環境プランナーには、前述したように「環境プランナー」「環境プランナーER」「環境プランナーERO」という三つのグレードがある(次頁の図参照)。

 それぞれの場合について、必要な条件を次に示す。

【1】 環境プランナー

(Environmental Planner)

・学歴=高等学校卒業以上

・経験=社会人経験三年以上

・認定基礎コースの修了(修了試験の合格)

・推薦=上司、同僚、同業者、顧客など、適任者による推薦

【2】 環境プランナーER

(Environmental Planner

as Earth Republic)

・資格=環境プランナーであること

・認定専門コースの修了(修了試験の合格)

〔専門分野〕

環境会計、環境情報開示、環境経営戦略、EMS構築、環境リスクマネジメント、環境リサイクル管理士、環境配慮設計(DfE)、環境教育、ゼロエミッション、LCA、EPE、NPOマネジメント、企業評価等

【3】 環境プランナーERO

(Environmental Planner

as Earth Republic Officer)

・資格=環境プランナーERであること

・実績=環境技術指導/環境経営指導/環境関連の著作・論文等

・面接=判定委員による面接

〔特認制度〕

 次の有資格者は、二年間に限り、環境プランナー基礎コースと一日間の企業評価研修を修了すれば、環境プランナーERの企業評価分野資格者として特認する。

・税理士/公認会計士

・ISO14001環境マネジメントシステム審査員

・技術士(環境関連分野)

・中小企業診断士

・米国税理士EA/米国公認会計士CPA

[環境プランナー養成講座]

 去る十月、左記のようなカリキュラムで環境プランナー養成講座が開講された。

 ビジネスと環境を両立させる二十一世紀型企業のための人材育成は、すでにスタートしているのである。

【基礎講座】

十月一日 

「環境経営論」

海野みづえ(創コンサルティング代表取締役)

「環境リスク」

長崎晋也(東京大学助教授)

十月二日

「地球環境保全学」

福岡克也(地球環境財団理事長)

「環境会計論」

江間泰穂(江間会計事務所所長)

十月三日

「環境マネジメントシステム」

園部浩一郎(テクノファ常務取締役)

「運輸エネルギー論」

大和裕幸(東京大学教授)

十月五日

「ディスアセンブリ工学」

須賀唯知(東京大学教授)

「ライフサイクルアセスメント」

平林良人(テクノファ社長)

【スクーリング】

十月十一日 

●基礎演習

「環境問題と環境マネジメントシステム」

「環境関連法規」

「環境リスクマネジメント」

十月十二日

●基礎演習

「環境会計」

「環境報告書」

「環境経営」

●修了試験

natureinterface

NATUREINTERFACE.COM
ネイチャーインタフェイス株式会社 info@natureinterface.co.jp TEL:03-5222-3583
-- 当サイトの参照は無料ですが内容はフリーテキストではありません。無断コピー無断転載は違法行為となりますのでご注意ください
-- 無断コピー無断転載するのではなく当サイトをご参照いただくことは歓迎です。リンクなどで当サイトをご紹介いただけると幸いです
HTML by i16 2018/06/24