NATUREINTERFACE.COM
ネイチャーインタフェイス株式会社 info@natureinterface.co.jp TEL:03-5222-3583
ネイチャーインタフェイス > この号 No.07 の目次 > P54 [English]

モノづくり不思議教室 7) -- デンソー


(P54)

モノづくり不思議教室

株式会社デンソー

カーボンナノチューブの成長

平面ディスプレイ、燃料電池車用水素吸蔵材など、幅広い応用が可能

カーボンナノチューブは直径がナノメートル(一〇億分の一メートル)の大きさのC原子だけからなる円筒状の物質である。この物質は特異な物性をもつことで注目されており、低消費電力の平面ディスプレイ、燃料電池車用の水素吸蔵材といった応用が期待されている。

カーボンナノチューブの製法には、主にアーク放電法、レーザー蒸発法、化学気相成長法が知られているが、近年、SiCを真空中で加熱することで作製できることが報告されている1)。SiCを真空装置中(10-4Pa)で加熱すると表面からSiが蒸発し、残ったCがカーボンナノチューブを形成する。

カーボンナノチューブの応用を実現するためには形成メカニズムを明らかにし、直径、長さを自由に制御できることが必要となる。今回デンソーでは、透過電子顕微鏡によりSiCからカーボンナノチューブが成長する様子を捉えることに成功した2)。

加熱温度を一五〇〇℃とし、真空装置中で二〇秒間加熱した後の電子顕微鏡写真を(A)と(B)に、三分間加熱した後の写真を(C)に示す。この写真から板状のグラファイトが円筒状のナノチューブへ変化し、成長する様子が明らかとなった。

この成長過程をさらに原子のレベルで詳細に解析し、ナノチューブの直径、長さ、先端形状(開いているか、閉じているか)、密度、層の数などを制御することによって、幅広い応用につながると期待される。

(写真キャプション)

カーボンナノチューブの成長

A グラファイト

B ナノチューブ

C ナノチューブの内部層

カーボンチューブの成長モデル

1) M. Kusunoki, M. Rokkaku, T. Suzuki: Appl. Phys. Lett. 71(1997)2620

2) H. Watanabe, Y. Hisada, S. Mukainakano, N. Tanaka: J. Microsc.

203(2001)40

NATUREINTERFACE.COM
ネイチャーインタフェイス株式会社 info@natureinterface.co.jp TEL:03-5222-3583
-- 当サイトの参照は無料ですが内容はフリーテキストではありません。無断コピー無断転載は違法行為となりますのでご注意ください
-- 無断コピー無断転載するのではなく当サイトをご参照いただくことは歓迎です。リンクなどで当サイトをご紹介いただけると幸いです
HTML by i16 2018/10/19