NATUREINTERFACE.COM
ネイチャーインタフェイス株式会社 info@natureinterface.co.jp TEL:03-5222-3583
ネイチャーインタフェイス > この号 No.08 の目次 > P092_093 [English]

環境プランナー講座


(P092-093)

 地球環境への関心が高まり、環境への配慮が企業を評価する指標のひとつにもなりつつある現在、環境問題に関する企業内リーダー、コンサルタントとなる人材の登場が待たれている。

 そのような21世紀型の企業内リーダーとなりうる「環境プランナー」を養成するのが、

ネイチャーインタフェイス社主催、NPO法人ウェアラブル環境情報ネット推進機構(WIN)推薦

「環境プランナー基礎コース」である。いよいよ5月に第1回が開催されるが、

この講座の開催意図やカリキュラムなどを紹介しよう。

環境プランナー誌上講座

NI主催「環境プランナー基礎コース」、いよいよ5月に開催!  

──東京大学をベースにしたNPO法人WINが後援

guidance for Environmental Planner

環境プランナー基礎コースとは

 地球環境保全への関心が急激に高まっている現在、品質マネジメントシステム規格や環境マネジメントシステム規格である「ISO14001」は、もはや耳新しい言語ではなくなった。最近ではすでに、この環境マネジメントシステムだけで現状に十全に対応していけるのか、ライフサイクルアセスメント(LCA)や環境パフォーマンス評価などの別のツールも視野に入れておく必要があるのではないか、という声も出てきている。

 そこで重要なのが、地球温暖化など環境問題に対して、システムだけでなく技術や会計学を理解しながら具体的に取り組んでいける人材である。実際、環境問題にいかに取り組んでいるかが、企業を評価する要素のひとつになりつつあるし、世界第七位の損保会社ロイヤル・サンアライアンスやあさひ銀行は、環境プランナーが作成したレポートの内容をふまえて融資等の優遇措置をとりはじめた。環境分野の企業内リーダー、コンサルタントといえる環境プランナーの活躍の場は、ビジネスの場においても広がりはじめているのである。

 その環境プランナーを養成するのが「環境プランナー基礎コース」であるが、このコースは環境に関するあらゆる分野に目が配られており、環境問題に対する取り組みが総合的に学べるようになっている。

カリキュラム

[基礎講座]全10回

● 環境論

リサイクル対策とエコビジネス―

循環型社会へのパラダイムシフト

 循環型経済社会とはどのようなものか、どうしたら移行できるのかを考え、循環ビジネスや循環型技術の開発について学ぶ。

● 循環型社会概論@

循環論

 健全な自然の物質循環、農林漁業と物質循環などを把握すると同時に、廃棄物処理やリサイクルの現状、循環関連法制度などについて考える。

● 循環型社会概論A

エネルギー概論

 エネルギーの供給と需要について、また、さまざまな発電技術についての論考。

● 循環型社会概論B

インバースマニュファクチュアリング/環境配慮設計(DfE)

 リサイクル対策と環境配慮設計についての概論。分解容易性、破壊容易性、処理容易性などを含む。

● 循環型社会概論C

ISO14001環境

マネジメントシステム

 環境マネジメントシステム国際規格について、発行の背景と経緯、審査登録制度、規格の意図などを総合的に解説する。

● 循環型社会概論D

環境リスクマネジメント

 環境におけるリスクとは何かを、具体的事例を挙げながら研究。

● 環境関連法規

 環境基本法をはじめとする、リサイクル・廃棄物など環境関連の法律について、成立の背景や目的、ポイントを解説。

● 支援技法@ 

ライフサイクルアセスメント

 ライフサイクルアセスメント(LCA)とは何か、なぜ注目されるのか、実施する場合の目的や考え方について学ぶ。

● 支援技法A

環境会計

 環境会計とは何か、その目的やポイントはどういうものかを知ると同時に、具体的にどう実施していくのかを示唆する。

● 支援技法B

環境コミュニケーション環境報告書(等)

 環境報告書とは何か、その目的やポイントはどういうものかを知ると同時に、具体的にどう作成し、実際にどう受け止められているものなのかなどを解説する。

[基礎演習]全2回

環境問題と環境マネジメントシステム

環境関連法規

環境リスクマネジメント

環境会計

環境報告書

環境経営

●環境プランナー基礎コース

開催概要(予定)

主催:ネイチャーインタフェイス株式会社

後援:NPO法人ウェアラブル環境

情報ネット推進機構

期間:5月14日―6月22日

火・木曜 19:00―20:30 10回

土曜 終日 2回

会場:5/14、16、21、23、28=

慶應学術事業会

丸ノ内シティキャンパス

(千代田区丸の内2-6-2 

丸ノ内八重洲ビル6F)

   5/30、6/4、6、11、13、15、22= 新丸コンファレンススクエア内 コンファレンスルーム (千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル)

●問い合わせ先

ネイチャーインタフェイス株式会社

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2 

丸ノ内八重洲ビル527

TEL 03-5252-7382

FAX 03-5252-7386

NATUREINTERFACE.COM
ネイチャーインタフェイス株式会社 info@natureinterface.co.jp TEL:03-5222-3583
-- 当サイトの参照は無料ですが内容はフリーテキストではありません。無断コピー無断転載は違法行為となりますのでご注意ください
-- 無断コピー無断転載するのではなく当サイトをご参照いただくことは歓迎です。リンクなどで当サイトをご紹介いただけると幸いです
HTML by i16 2018/10/18