NATUREINTERFACE.COM
ネイチャーインタフェイス株式会社 info@natureinterface.co.jp TEL:03-5222-3583
ネイチャーインタフェイス > この号 No.10 の目次 > P78_79 [English]

NI Topics 丸ビルオープニングイベント展


「5年後の未来を実際に体験できる」とうたう近未来テクノロジー展「After 5 years」の開幕が、いよいよ2カ月後にせまってきた。

「宇宙ホテル」「空飛ぶじゅうたん」など、この展覧会の開催にあわせ、夢を現実に見える形で初めてつくられるものもあるという。

注目される展示をいくつかピックアップして紹介しよう。

エネルギー、環境問題の

ソリューション・テクノロジーを展示する

丸ビル オープニングイベント展「After 5 years」

NI

TOPICS

取材・文=編集部

「宇宙ホテル」に「空飛ぶじゅうたん」など

近未来テクノロジーが集合

 夢を与えたい。日本のテクノロジーの最先端を見せることで元気のない大人たちに希望を与え、子どもたちには未来を与えたい。それが近未来テクノロジー展「After 5 years」の企画意図だ。あらゆる娯楽に囲まれ、刺激にさらされている現代人が、そう簡単に心を動かされるだろうか、とお考えの方もいるかもしれない。しかし、「宇宙ホテル」や「空飛ぶじゅうたん」の夢が形で展示されるとなったら、やはり心は動かないだろうか?

 「宇宙ホテル」は、当初は一〇〇分の一の模型だけが出展される予定だったが、「小さな子どもに宇宙や科学技術に憧れをもってもらうには、とにかく少しでも大きいものでなければ!」という考えで、約二〇分の一の宇宙ホテルが会場に設置されることになった。 

 円筒形をした宇宙ホテルは、共用スペースとカプセル状の個室に分かれている。無重力状態なので、天井も床も関係ない。ということは、地上での天井も床として使えるので、たとえばトイレが天井に設置されるようなこともあり得るわけだ。建築物だけでなく、宇宙ホテル内で使われるキッチンやテーブル、椅子、洗面スペースなども再現されており、宇宙旅行中の生活が容易にイメージできるようになっている。

 また「空飛ぶじゅうたん」は、奇抜な物理学をベースにエネルギー材料工学、宇宙利用工学といった研究を応用したもの。簡単にいうと、ある物体の回転の方向をそろえることにより、そのエネルギーを利用すれば、物体を浮かせることができる――という理論だそうだ。今回の展示物の詳細はまだ秘密ということだが、本当に浮くのだろうか? 

エネルギー問題の解消に向けて

 以上のようなワクワクするタイプのテクノロジーのほか、展示のかなり重要な部分を占めるのが、エネルギー問題に関わるテクノロジーだ。

 なかでも目を引くのは、科学技術振興事業団の北澤宏一教授による「超伝導グローバルネットワーク構想」。太陽光発電というものがあるが、ご存知のように、この方法は夜は利用できない。風力発電も、風が吹かなければ役に立たない。電力というのは貯蔵が利かないから、どの国もどの地域も、昼間の最大電力使用量に合わせて発電をしている。ということは、つねに多めに発電しては、余らせていることになる。エネルギーがもったいないではないか。

 では、どうするか。電力供給を地球規模で考えればよい。地球規模で考えれば、ある地域が昼でもある地域は夜だし、北半球が夏でも南は冬なのだから、それを利用し合えばよい。風の吹きすさぶ地域では風力発電をおこない、太陽の照りつける砂漠では太陽光発電をするなど、各地で自然エネルギーによって発電させた電力を、世界で分け合えばよい、というわけだ。

 それを供給するためのネットワークには、電気抵抗がゼロである超伝導ネットワークを用いる。そうすれば、電気は何千キロも離れた発電の適地から供給されるし、天候にも左右されることがない。効率よく自然エネルギーを利用すれば、電力の値段も下がり、原子力発電所に頼る必要もなくなっていくだろう。大幅に電力コストが下がるとなると、電気自動車を普及させる問題点も、もはやクリアされると考えてよい。そのための自然エネルギーは、日本だけを考えるとコスト高であるが、世界的に見れば、人類が必要とするエネルギー量に比べてほぼ無尽蔵に(約一万倍)存在するという。

 この構想は、五年後とはいかないものの、あと一〇年程度で実現するといわれている(実現しようと思えば、技術的には、今からでもできるのだそうだが)。スケールの大きさと現実的な効果の大きさに、にわかに信じがたい気もするのだが、本当にこれが私たちの五年後、一〇年後の未来の姿なのだとすると、未来にもなにか希望がもてそうな気がしてはこないだろうか。

 そのほかにも、由良拓也さんがデザインした未来カーや、超伝導で浮かぶスピーカーなど、さまざまな近未来アイテムが展示される予定となっている。

P79キャプション

「宇宙ホテル」イメージ図

会場ではCCDカメラを動かし、内部を自由に見ることができる

開催概要

日時: 2002年10月4日(金)〜 10月30日(水)

場所: 丸の内ビルディング

(JR東京駅前・平成14年秋竣工)

1階アトリウム、7階交流スペース、

ホールを予定

主催: After 5 years実行委員会

共催: 科学技術振興財団、理化学研究所、

産業技術総合研究所、

日本経済新聞社、他

後援: 文部科学省、経済産業省、

東京大学先端技術センター、

東京工業大学フロンティア創造

共同研究センター、慶応大学、

早稲田大学、ウェアラブル環境情報

ネット推進機構(NPO法人WIN)

URL:http://www.so-net.ne.jp/af5/

NI

TOPICS

NATUREINTERFACE.COM
ネイチャーインタフェイス株式会社 info@natureinterface.co.jp TEL:03-5222-3583
-- 当サイトの参照は無料ですが内容はフリーテキストではありません。無断コピー無断転載は違法行為となりますのでご注意ください
-- 無断コピー無断転載するのではなく当サイトをご参照いただくことは歓迎です。リンクなどで当サイトをご紹介いただけると幸いです
HTML by i16 2018/08/22