NATUREINTERFACE.COM
ネイチャーインタフェイス株式会社 info@natureinterface.co.jp TEL:03-5222-3583
ネイチャーインタフェイス > この号 No.11 の目次 > P76_77 [English]

NI Forum





P76_77

NI

forum

NIフォーラム オープン1周年!

 この秋、いよいよオープン一周年を迎えるウェブサイト「NIフォーラム」。

 環境問題や科学技術に関心をもつ多くの皆さんにアクセスしていただくにはどうしたらよいかと、東京大学大学院新領域創成科学研究科の学生スタッフたちは日々知恵を出し合い、サイトの改良を続けています。この夏、大幅なリニューアルを終えたばかりですが、書き込みをするにはメンバー登録が必要なためか、現時点では、期待するほど参加者は増えていません。

 今回は、この一年、運営スタッフが何を感じてきたかをお伝えします。

NIフォーラムのサイトをオープンして、約一年たちました。サイトの運営というものがそれなりに大変なことだと、思い知らされているところです。

 NIフォーラムの目的――それは、現代社会における、我々と”ネイチャー“と呼ばれるものの接点(=ネイチャーインタフェイス)を、見たり創り出したりすることに興味をもつ人々の集いの場をつくることです。しかし、自然との接点といっても、普通の生活を送っている人たち、とくに都市部の人々の多くは人工物に囲まれた便利な生活に慣れていて、そんなことは考える必要もないし、そんな暇もないなどと思っています。

 しかも、自然特有の情報の多く、たとえば匂いのしないガスや赤外光といったものは人間が五感で感じることができないので、現実的な想像がしにくいですし、”ネイチャーインタフェイス“という概念の平易で簡潔な説明も難しい。そのような理由から、「一般生活者から研究者まで」という幅広い層のコミュニケーションを目的としたフォーラムのサイト運営は難航しているのです。

 ただ、次第に、世の中では”ネイチャーインタフェイス“を考える風潮になっている面も意外とある、とわかってきました。アロマセラピーやマイナスイオンなど、自然特有の情報を生活に取り込むことに興味をもつ人が多いこと。環境に対する問題意識の定着。フェロモンや超音波などの自然情報の研究者が多いこと……。

 その一方で、人間が感覚器でとらえる範囲を超えたところにも自然特有の情報が多く存在するのに、音や画像情報の電子圧縮技術の汎用化によってデジタル化される情報からは、それらのアナログ情報は洩れ、淘汰されてしまうことがあることにも気づきます。現代は、そういう生活、そういう情報に人間が慣らされつつある時代のような気がします。

 そんなことを考えつつ、コンテンツとデザインを一新してサイトをリニューアルしました。

 ”ネイチャーインタフェイスって何?“という期待とともに、気軽に意見交換、さらには異業種間での議論や創作が実現できればと思っています。

新サイトのトップページ

「NIフォーラム」は、技術者や学生、主婦など、

職や年齢に関係なく、広範囲の視点から

「ネイチャーインタフェイス」を語り合うために発足した、WEB上のサイトです。

スタッフの多くは、東京大学新領域創成科学研究科の学生たち。

「自然環境、生態学」「生活スタイル、情報家電」「テクノロジー」「本、映画、音楽」

の4つを柱として、活発な意見交換をおこなっています。

NI

forum

URLが変更になりました!

URL―http://forum.natureinterface.co.jp/

皆さんのアクセスをお待ちしています!

リニューアル後のウェブサイトには、

「ネイチャーインタフェイスって何?」という疑問に

わかりやすく答えるページも設けられています

スタッフ紹介

NIフォーラムのスタッフは、現在約一〇人。多忙な研究生活の合間をぬって、システムのプログラムやサイト運営、コンテンツの充実などの活動を続けています。

東京大学大学院 新領域創成科学研究科

環境学専攻 人間人工環境コース M2

野間大輔さん

 現在、RFID(非接触認識技術)を応用したシステムづくりに取り組んでいる野間さん。RFIDとは、いってみれば”書き換え可能なバーコード、電波バージョン“で、JR東日本の「スイカ」にも用いられている。

 非常に小型で、モノにデータを貼り付けるのが容易な形状のため、手荷物管理や交通機関の入出札などにも応用できるし、場所自体にも情報を貼り付けておけば、ウェアラブルとユビキタス両方の要素が必要な、工場内の作業支援システムなどにも応用できる。野間さん自身は、大気中の微粒子などの環境情報を測定・分析した際、それをデータ化するのに使用しているそうだ。

 研究で環境情報を扱っている野間さんは、NIフォーラムでも「エコ・フォーラム」を中心としたコンテンツづくりをしている。敷居が高いと敬遠されがちな環境問題を、いかに身近な問題と感じてもらえるかに配慮し、この夏には「ヒートアイランド現象」など、生活に密着した話題を提供した。「あまり学術的な解説をしても、話題は広がっていかないでしょう。”インタフェイス“を標榜している以上、サイト自体も開放的であるべきだと思いますので、まずは親しみやすい雰囲気づくりをしていきたいと思っています」

NATUREINTERFACE.COM
ネイチャーインタフェイス株式会社 info@natureinterface.co.jp TEL:03-5222-3583
-- 当サイトの参照は無料ですが内容はフリーテキストではありません。無断コピー無断転載は違法行為となりますのでご注意ください
-- 無断コピー無断転載するのではなく当サイトをご参照いただくことは歓迎です。リンクなどで当サイトをご紹介いただけると幸いです
HTML by i16 2018/10/18